SEOと広告の違い


SEOとネット広告の違いは何と言ってもアクセス数の単価が違う事が言えます。

SEOは上位表示さえすれば、お金がかからない状態でアクセスが増えます。

一方のネット広告は、媒体や広告の種類によってアクセスにお金がかかります。

広告費はキーワードや媒体、配信時間やライバルの数によって都度変わります。

また、広告の課金方式は
・クリック課金
・インプレッション課金
があります。


クリック課金は広告がクリックされたときに広告費が発生します。
インプレッション課金は広告がクリックされなくても表示されただけで広告費が発生します。

どちらが良いと言うわけではなく、取り組む案件によってどちらも使うのが良いと思います。

ブログの副業となるとアフィリエイトが一般的ですが、物やサービスを買ってもらうわけですが、広告費がかかるので報酬単価が安い案件にはインターネット広告は不向きとなります。


広告費を払うのがしんどいのでSEOの方が良いのかな?と思うかも知れませんが、SEOもそれなりに大変です。

SEOで稼いでいる人はかなり勉強をしていますし、常に勉強をし続けています。

そして、どこかのコミュニティーに入ったり、自分でコミュニティーを作ったりと勉強熱心です。

理由は検索エンジンが進化し続けているためです。

これはSEOだけではなく、ネット広告でも同じ事が言えますが、検索エンジンやネット広告は日々進化しています。


ブログの副業は始めやすい特長がありますが、常に新しい情報を取り入れる必要もあります。

稼ぐにはどちらもそれなりの勉強が必要と言えます。




Copyright © ブログの副業を考える前に知っておきたいこと All Rights Reserved.