広告のメリット・デメリット



インターネット広告のメリットは、まず好きな事が書けると言えます。

SEOでは、検索エンジンがこのむ構成で・・・とか

キーワードを考えたり、その他色々考え、調査した内容を盛り込み作り込みますが、ネット広告用の記事は自由に書けます。

デザインも書く内容も自由です。

ネット広告用の記事はLPと言われるものが一般的となりますが、ライティングの技術が必要になります。

売るためのライティング技術ですね。

アクセスは広告費を出せば集まるので、このLPの出来が収益を生むかどうかになります。

ちなみに売れない案件を扱っていると、LPが良くても売れません。

技術的に必要なものはライティングと広告出稿のスキルです。

広告出稿は有料のサービスだけあって、比較的分かりやすい(使いやすい)です。

ただし専門用語や表示画面が頻繁に変わるので、勉強は必要です。

最大のメリットは広告費を払えばアクセスが集まると言う事です。

SEOではアクセスを集めるまでにどうしても時間がかかるので時短と言う意味ではかなりメリットです。

反応が悪いLPならすぐに書き直して再度出稿することが出来るので、仕事のサイクルがはやいです。

ただし、デメリットは広告費がかかると言う事で、売れない案件を扱ったりライティングの技術が未熟の場合は赤字になります。


将来独立や開業したいと思っている場合、実際に事務所を借りたり人を雇う事を考えればかなり安い出費ですけど、作業をすれば報酬がもらえると言う、雇われの感覚だとなかなか続かないかも知れません。






Copyright © ブログの副業を考える前に知っておきたいこと All Rights Reserved.